*

コンタクトレンズ使用上の注意点

コンタクトレンズは使い方によっては目を傷つけることもあります

激安コンタクトサイト

オンラインコンタクト       フレッシュルックデイリーズ

カラコン販売と高度管理医療機器販売許可

度の入っていないカラーコンタクト(以下、「カラコン」)は青やピンク、緑などの発色性が高い色はパーティー時の仮装や、漫画・アニメキャラクターのコスプレ等、奇抜な恰好をする際に使用されます。
黒や茶、灰色、黒目の縁部分のみ色が付いているもの(いわゆる「サークルレンズ」)は使用することで黒目が大きく見え、目の印象が変わる効果が得られるので事で若者を中心に急速に普及しています。
カラコンはこれまで、つけまつげ等と同様で雑貨品と同じ扱いだった為、安易に手に入れやすく、レンズを使用するための知識やケアの重要性が軽視されがちでした。
また、手入れや保管のずさんに行ったり、装用時間などの使い方を誤る消費者が増加しました。
その上、品質に関しても明確な基準もなく、粗悪な品も流通していました。
結果、失明を含めた重度の眼障害が多発したことから、2009年より経済産業省と厚生労働省により薬事法の一部が改正され、度の入っていないコンタクトも度入りのコンタクトレンズ同様に販売の際に高度管理医療機器販売許可が必要となりました。
これにより、輸入・製造するには第一種医療機器製造販売業者が厚生労働省に許可申請を行わなければなりません。
また、販売するには材質やレンズ面のカーブの度合いなどについて、国の安全基準を満たしたコンタクトのみを高度管理医療機器販売許可を得た業者が販売する形になります。
なお、無許可で販売すると薬事法違反となります。

カラコンの説明と使用による疲れについての説明

今回はカラコンとその使用による疲れについて説明していきますね。まずはカラコンですが、知っての通りカラーコンタクトの略で、オシャレのために今は多くの若者が使っていますね。目に入れるだけで、理想の瞳が手に入ったりするわけですから人気があるわけなんですよ。そこで使用するときの注意をまずは説明しましょうか。これは普通のコンタクトレンズ同様、使いまわす際にはしっかりと消毒をしなければいけないのです。どうして消毒しなきゃいけないかというと、レンズについた細菌がそのまま目に入ってしまうと炎症が起きたりしてしまうのでここに関しては一番注意が必要ですね。更に長時間着用していると、目が痛くなってくることにも注意が必要です。たびたび目薬を入れている人をよく見かけると思いますが、それは目が乾かないようするためなのです。後は、カラコンではサイズがあっていなかったりすると、普段より視界が悪くなり、それでも無意識によく見ようとするので目の筋肉がより疲れてしまうわけです。このような、疲れに対する対処法をこれから紹介していきます。何よりも大事なのは、正しい度数選択ですね。これを間違うとサイズが合ってないときと同じように目にかかる負担が大きくなってしまうので気をつけましょう。次は一定時間ごとに目を休めることが大事ですね。理由は前者と同じで、負担をかけないようにですよ。すべての対処法は、いかに目に負担をかけないかということを考えたら自然と思い浮かんできますよ。

コンタクトレンズ使用による酸素不足

コンタクトレンズユーザーには、もちろんコンタクトレンズを使用するにあたっての注意点はよく分かっているでしょう。基本的には、装用期間をしっかり守ること、レンズを清潔に保つこと。これに注意していればそんなに目のトラブルが起こることはないのですが、よくある目のトラブルとして酸素不足があげられます。酸素不足の症状としては、目が乾いた感じがして、装用感が悪くなります。ひどくなると、角膜が傷ついて目が痛くなり、コンタクトレンズをはめられなくなってしまいます。見た目にも分かる症状としては、目が血走ったような充血です。

角膜が酸素不足のため、血管が酸素を送ろうとして黒目まで伸びてきてしまっているのです。何だかコンタクトレンズの調子が悪いなと思っていたら、黒目に血管が伸びているという場合、すぐにコンタクトレンズを外した方がいいでしょう。なぜこんなことが起こるのかというと、装用時間が長すぎるということが考えられます。

使い捨てコンタクトレンズは、酸素を透過するようになってはいるのですが、目に異物を被せているわけですから、当然裸眼よりは酸素が不足します。大体一日8時間が装用時間の限度となっているかと思いますが、これを超えるとかなり目に負担がいってしまいますので、必ず沿うよう時間は守るようにしましょう。


更新履歴

2015年12月8日
カラコン販売と高度管理医療機器販売許可を更新
2015年12月8日
カラコンの説明と使用による疲れについての説明を更新
2013年10月25日
コンタクトレンズ使用による酸素不足を更新
2013年10月25日
コンタクトレンズ使用によるドライアイと注意点を更新
2013年10月25日
コンタクトレンズ使用中の目薬の使い方を更新
2013年10月25日
目の健康のための注意点を更新
2013年10月25日
注意点を把握しソフトコンタクトレンズを安全に使うを更新